次世代型介護 ~科学的ケアに向けた取り組み~

次世代型介護 ~科学的ケアに向けた取り組み~

はじめに

医療法人社団みなみつくば会では、介護ロボットやIoTなどを活用し作業の効率化のみならず、介護職員の負担軽減、介護サービスの質の向上や高齢者の自立支援を目指すとともに、「科学的介護」の実現に向けた取組みを推進しています。

職員負担軽減に向けた取り組み
HAL腰タイプ介護支援用

HAL腰タイプ介護用

HAL腰タイプ介護支援用は、移乗介助のような介助動作において腰部にかかる負荷を低減することで、腰痛を引き起こすリスクを減らします。

当法人では、2016年度より介護現場に最先端ロボット技術を導入し、職員の負担や将来の腰痛リスクの軽減に努めています。
その結果、同機を装着した介護職員からは、負担軽減の効果があったとする声が多数を占めています。特に「ベットから車椅子への移乗介助」「ベット上での排泄介助」「起上り介助」「体位変換」など中腰姿勢の作業では十分に効果を感じています。

IoTの活用

ICTの活用

居室に見守りセンサーを設置。
ベットマットレスの下の無線センサーで「体動」「呼吸」「脈拍」「離床」を測定し、パソコンなどの端末でリアルタイムに確認できます。
また「血圧」「体温」「酸素飽和度」の情報は、職員が計測すると同時にリアルタイムでシステムに反映されるため、手記入やパソコン入力の作業がなくなります。

設置施設

介護老人保健施設プレミエール元気館 筑西(100床)
介護付有料老人ホームサンシャイン・ヴィラ守谷倶楽夢(87床)(予定)

自立支援に向けた取り組み
HAL腰タイプ自立支援用

HAL腰タイプ自立支援用

HAL腰タイプ 自立支援用は、足腰の弱った方などの体幹・下肢機能の向上を促進する装着型ロボットです。装着して体幹動作や立ち座り動作を繰り返すことによって身体そのものの機能向上を促すため、HALを外した状態での自立度を高めることが期待できます。

『HALトレーニング』は、坐位・立位・歩行で構成されたエクササイズです。期待される効果としては、歩行速度・距離の改善、バランス能力の向上。これにより転倒リスクの軽減や介護者の介護量の軽減を目指します。

HALトレとは HALトレ事例集